鍵穴が故障?鍵が閉まらなくなった時の対処法

コロナの影響で電動自転車の需要が増加して、ベロスターの価格がコロナ前より大幅に値上げされて在庫数も少なく入手しづらい状況の中ようやく手に入れたベロスターなんですが、1年経ったあたりで異常が生じました…

通常であれば、サークル錠のつまみを最後まで押すと自動でロックされて鍵が少し傾き、鍵穴から鍵を抜き取るだけなのですが、ツマミを最後まで押しても一切鍵が動かず、ロックもされない状態になってしまったのです。

一応、ツマミを最後まで押した状態で鍵を少し傾ければロックできるのですが、これだと物凄く面倒なわけです。

鍵穴にクレ556は絶対にダメ!

スポンサーリンク

そこで、鍵穴が錆びてるのかなと思い、機械油で有名のクレ556を購入して鍵穴に差し込みましたが、全く効果はなし。むしろ、ベトベトになって汚くなりました(笑)

グーグル先生に検索をかけると鍵穴にクレ556は絶対にNGだということが分かりました。最初に調べておけば良かった…

そこで、鍵穴専用の油を購入するためにAmazonで検索しましたが、車や玄関ドア専用の機械油はありましたが、自転車用は全然見つかりませんでした。そこで近くの自転車屋に聞いてみたところ、おすすめの商品を教えてくれました。

このスプレーを鍵穴につけることで鍵が通常通り動くようになりました。

自転車屋の店員さんによるとベロスターのサークル錠は鍵穴の部分に蓋が付いてるので雨などの水が入り込んで錆びやすくなっているかもしれないとのことでした。

もし、頻繁に鍵穴に異常が起きるのであれば雨除け用に自転車カバーを購入することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました